google-site-verification: google7592f37768a5dfb2.html 第151回丹波古民家再生PJ~町家「あめや」の建直し|『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 

    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 

    古民家再生ボランティアW・Sに参加しませんか? 伝統的な町並の保全に取り組むNPO法人町なみ屋なみ研究所が進める、ボランティアによる古民家保存の取り組みです。
    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所  TOP  >  古民家再生PJ 100回目以降 >  第151回丹波古民家再生PJ~町家「あめや」の建直し

    第151回丹波古民家再生PJ~町家「あめや」の建直し

    3月3日・・・おひなさんですね。 明日の4日には篠山ABCマラソンの開催で篠山城下はマラソンモード! 3月は年度末月でボランティアさん達も結構気忙しいところなんでしょうね。 今日の参加者は果たして??集まるのかな??
    一応スタッフ共で7名の参加、予定通り今日の建直し作業に着手しました。

    建直し指導での大西工務店さんと作業前の打合せ、朝の8時半より今日の工程、最終工程までの流れなどなど・・・
    現場では即建直しでジャキをセットしてなんて・・・ 出来ません! 準備の前工程に時間が掛かります。安全に確実な作業を進める為の重要な作業です。これが出来ると工程の半分以上進んだと言えるでしょう!このような作業的には面白みの無い工程、しかし大事な工程!流れを知ってもらうためにも実践をしていきます。

           tanbakominkaーpj2012
    前回作業時に、現況図面上に現状の傾き計測値を落とし込む作業を済ましています。 整理した図面を提供して新たに現場確認をして、建て起し方向及びジャキなどのセット方法が決定していきます。


           P1050455 (400x300)
          
           P1050456 (400x300)

    さあ机上の講座は一通り終え、作業開始。床部の除去、その他室内のいろんな備品類なども邪魔になるので除去移動です。こんなことも工程の一環としてあり、先ずはこれから!!

    建ち起し作業でジャキのバリを架ける柱と梁の接合部の状態がどうか、必ず確認チェックしなければいけません。接合部が腐朽等で劣化していると、折損させてしまうことになる。慎重な確認と作業の進捗でチェック、チェック!! 発生音も聞き漏らさず・・・!


           P1050458 (400x300)

           P1050457 (400x297)

    基準となる軸壁線上でジャキのセット。 ここの線は1/60程度の傾斜です。 まだ今日は負荷を架けずセットだけです。
    突っ張るバリの端部を角度に合わせカットしています。 今回は梁間方向へ3点で押し引きして建ち直します。プロでも危険な作業で気の張る工程・・・ ボランティアさん達も先ず体験することも無い工程の実践です。



    次回の案内 予定の変更です
    場所 河原町旧あめや
    作業予定  離れの建直し作業等


    手続き等の進捗の関係で予定を先延ばしいたします。 ご周知下さい。

    ※ 次回から3回の工程でボランティアさん自身が起業されます古民家で作業のお手伝いをいたします。

          ↓↓↓  画像が拡大します。
    tanbakominkaーpj2012.0303 (690x1024)

    参加希望の方は 窓口の酒井まで

    関連記事
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    Projectスタッフ

    Author:Projectスタッフ
    Npo町なみ屋なみ研究所へようこそ!

      ワ-クショップ
     毎月第1・第3土曜日活動

    [ボランティア]参加受付

    下欄 受付専用窓口からどうぞ。




    【町屋研へのお問合せ】

    NPO町屋研・事務局

    「酒井宏一」

    Tel (090-8578-7039)
    email:vel04225k.s@nifty.com

    参加受付専用窓口