google-site-verification: google7592f37768a5dfb2.html 丹波古民家再生PJ・大工工事2010.10.02|『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 

    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 

    古民家再生ボランティアW・Sに参加しませんか? 伝統的な町並の保全に取り組むNPO法人町なみ屋なみ研究所が進める、ボランティアによる古民家保存の取り組みです。
    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所  TOP  >  古民家再生PJ 100回目以降 >  丹波古民家再生PJ・大工工事2010.10.02

    丹波古民家再生PJ・大工工事2010.10.02

    丹波は10月になると、イベントが沢山あります。
    地域々でも秋祭りが開催される。 そういう私の地域でも明日は秋祭り…
    神社関係の役職として祭りを控え準備に結構忙しい。
    今日はボランティアの日、祭りの準備で現場へはお昼前に到着。
    既に、ボランティアの皆さん前現場での残材の撤収に。

    現在の現場では床板張り作業中です。 前回の出来映えが少々…ということで
    一から調整、張り直し作業中です。
          P1010557.jpg   P1010563.jpg
    微妙な調整で仕上がり感が大きく変わります。
    道具類が十分でない状況で、中々苦労してますね。プロでもテクニックの要る
    張り終い作業… 仕上がり感が目立ちます。何度かのやり直し、いい経験になります。

    P1010560.jpg  P1010571.jpg  P1010567.jpg
    こちらも大工さんの指導で、床組みの再調整、仕上がりに大きく影響が出るためです。
    床束の高さ調整…微妙な高さ。調整束なら難なく出来る作業も木床束でやるため難しく
    手間がかかる。
    さぁ!調整完了です。厚さ30mmの杉床板の張り始め、現場幅寸法に合わせ切断です。
    床板張りは最後の張り終いが難しく、それを張り易く、且つ見栄えのいい割付をして
    最初に張り始めます。 大工さんの指導です。

    P1010569.jpg  P1010568.jpg  P1010572.jpg
    スターターの一枚目が張れると以降は簡単です。長さを切断する者、張込んでいく者
    交代で順調に進みます。大工さんも分かり易く指導、教えるのも中々こつが要るもです。

    さすが!Nさんボランティア暦5年のベテランさん、手際よくビスでの留めつけ。
    初心者の人にも指導してます。  私らはほとんど見ているだけ…
    ベテラン、中堅、初心者と入り混じり皆さん真剣に、また楽しみながらの作業です。

    10月5日には丹波黒豆・枝豆の解禁です!市内一斉に売り出されます。
    合わせて、食のイベントも盛り沢山! 丹波の旬!! 是非お越し下さい。

    作業終了後、商家群の中に行き付けの栄亀堂さん、店の中でご主人が得意のギターを
    弾きながら懐かしい歌を歌って居られたので、ちょっとお邪魔です。
    少し疲れた気持ちが和みます。 思いがけずボランティアの3人…得をした感じでした。
    また聴きたいですねぇ… 美味しいコーヒーを頂きながらね。

    P1010574_20101003101240.jpg


    次回作業予定日  10月16日(土)
    場所       河原町商家群 旧あめや
    作業予定     床板張り、壁軸組等大工作業

    参加希望の方は下記までご連絡下さい。


    窓口 酒井まで
    関連記事
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    Projectスタッフ

    Author:Projectスタッフ
    Npo町なみ屋なみ研究所へようこそ!

      ワ-クショップ
     毎月第1・第3土曜日活動

    [ボランティア]参加受付

    下欄 受付専用窓口からどうぞ。




    【町屋研へのお問合せ】

    NPO町屋研・事務局
    理事長「酒井宏一」

    Tel (090-8578-7039)
    email:vel04225k.s@nifty.com

    参加受付専用窓口