google-site-verification: google7592f37768a5dfb2.html 第201回 丹波篠山古民家再生PJ~基礎・石据付け工事|『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 

    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 

    古民家再生ボランティアW・Sに参加しませんか? 伝統的な町並の保全に取り組むNPO法人町なみ屋なみ研究所が進める、ボランティアによる古民家保存の取り組みです。
    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所  TOP  >  古民家再生PJ 100回目以降 >  第201回 丹波篠山古民家再生PJ~基礎・石据付け工事

    第201回 丹波篠山古民家再生PJ~基礎・石据付け工事

    4月第一周目の土曜日、昨日までのポカポカ陽気とは裏腹に
    思わず身震いする程冷え込んだ。
    桜も五分咲き…いや8分咲きに近いか? プロジェクトのボランティア作業WS
    の開催日です。

    今日は第201回目のボランティアWS、スタッフ共で14名の参加です。
    土塀の進入口、自然石の敷き並べで修景しています。

    今日の講師は造園屋さんで、延べ石、敷石などの加工、据付けの指導を受けています。

    P4050516.jpg P4050520.jpg
    先ず、作業の工程、要領などの説明を受けて早速作業に取り掛かります。


    P4050519.jpg P4050524.jpg
    納める場所へ重い延べ石を移動します。凄く重いので腰を痛めることもあるので注意しながらの作業…
    お施主様自身も重機を運転し、重い延べ石を移動して貰ってます。
    延べ石の切断作業… 電動カッターで、凄い粉塵です! 最初はプロが手本を示しているところ。



    P4050523.jpg P4050526a.jpgP4050529a.jpg P4050534a.jpg

    ボランティアさん達は石を据え付ける下地の空練りモルタルを作成中。砂とセメントで空練りしています、配合などプロ直伝で教えてます。
    電動カッターで切り溝を入れました。それから鉄の楔を少しずつ打ち込んで行くと… ポロッと綺麗に折れます。
    造園屋さん曰く… このタイミングの心地良さが堪らず石屋を続けているそうな!!

    間知石の切り方も実演… 実に上手く切れるものだ。まあ道具が有ってのことだが。
    石の割り方、揃え方などハンマーでコツコツと小刻みに砕いいて行く。中々根気のいる作業ですね。



    P4050541a.jpg P4050537a.jpg

    進入口のアプローチの全容が見えてきました。終了予定時間になってもまだ目地モルタルが入れられない。時間延長で清掃片付けまではお世話になれました。ありがとうございました。

    管理人の私と、理事長の2人で以前の町家、河合家の屋根の雨漏りを止めるため棟瓦にシートを覆ってきました。あくまで一時的なものではありますが、少しでも雨漏りによる痛みを遅らせる目的で覆ってます。
    利活用の方針、方向性が早く見えてくればいいのですが…


    次回の予定

    日時 : 4月19日(土) 10:00~16:00

    場所 : 河原町 川端家住宅

    作業 : 土塀の一時解体、その他大工作業等

    尚、作業内容は変更が出る事をご了承ください。


    参加希望の方は案内窓口酒井吉一まで。


    ヤフーメーリンググループサービスの停止による配信手段の変更を検討中です。
    タイミング的に停止日(4/16)以降へズレ込むこともありますことご理解ください。
    予告情報等当ブログでも配信します。

    関連記事
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    Projectスタッフ

    Author:Projectスタッフ
    Npo町なみ屋なみ研究所へようこそ!

      ワ-クショップ
     毎月第1・第3土曜日活動

    [ボランティア]参加受付

    下欄 受付専用窓口からどうぞ。




    【町屋研へのお問合せ】

    NPO町屋研・事務局
    理事長「酒井宏一」

    Tel (090-8578-7039)
    email:vel04225k.s@nifty.com

    参加受付専用窓口