google-site-verification: google7592f37768a5dfb2.html 2015年08月|『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 

    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 

    古民家再生ボランティアW・Sに参加しませんか? 伝統的な町並の保全に取り組むNPO法人町なみ屋なみ研究所が進める、ボランティアによる古民家保存の取り組みです。
    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所  TOP  >  2015年08月

    第233回 丹波篠山古民家再生プロジェクト~内装工事0808

    書込みが一週間遅れとなりました。 

    少し暑さも和らぎ… いつの間にやら秋の気配が。

    お盆前の暑くて、皆さん何かと慌ただしい中… 今日のボランティア作業へ

    スタッフ共で12名の参加です。 

    P8081999a.jpg P8081980a.jpg
    P8081979a.jpg P8081985a.jpg

    今回の作業メニューは前回の続き、フローリング張りで、堀こたつが埋め込まれ
    凸凹した形に合してフローリングを張る作業は高度な技が必要です。
    障子紙の張替え作業は女性陣で… ワークショップで専門家からついこの間
    教えてもらったばかりなので、難なく準備が進みます。

    紙貼りは次回の予定で、先に柿渋塗り(ベンガラ塗り)で古色色を出す。
    お施主様と協議しながら色合いを決めて、刷毛塗り、布拭き取りとします。


    P8081983a.jpg P8081985a.jpg
    P8081986a.jpg P8081996a.jpg

    講師の太田さん、板を削るミニ手鉋も台直ししながら鉋刃の出具合、調子を…
    あっという間に実演して見せる。匠の技であり、理屈では出来ない。
    かたや、お施主様のご子息で陶芸家ですが、ボランティア作業で手鋸で床板を切る…
    作業は初心者レベル…ですね。 これも経験で少しずつと上手く切れるようになる。

    初参加の女性陣(東大阪より)… 
    障子紙破りは面白いのかな、手を・指を突っ込んで。
    皆さん楽しみながらの作業です!


    P8081993a.jpg P8081995a.jpg

    トイレの杉の腰板を柿渋で色付けしています。ベンガラの朱、黒を柿渋で溶いて
    色合いを決めていきます。

    2階の和室をフローリング張りへと下準備作業が
    専門家主導で同日に進められています。
    あっという間に、調整根太、下張り合板まで作業を済ましてくれましたので、
    次回にはワークショップでの床板フローリング張りができます。

    作業終了後には、陶芸家の指導で陶芸体験ができました。
    写真は別ページに予定しています。

    次回の予定

    日時 : 8月29日(土) 10:00~16:00

    場所 : 岩崎の地籐様邸

    作業 : 床板フローリング張り、障子紙張り等、その他

    参加希望の方は 案内窓口酒井吉一まで申込下さい。

    プロフィール

    Projectスタッフ

    Author:Projectスタッフ
    Npo町なみ屋なみ研究所へようこそ!

      ワ-クショップ
     毎月第1・第3土曜日活動

    [ボランティア]参加受付

    下欄 受付専用窓口からどうぞ。




    【町屋研へのお問合せ】

    NPO町屋研・事務局
    理事長「酒井宏一」

    Tel (090-8578-7039)
    email:vel04225k.s@nifty.com

    参加受付専用窓口