google-site-verification: google7592f37768a5dfb2.html 2014年09月|『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 

    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 

    古民家再生ボランティアW・Sに参加しませんか? 伝統的な町並の保全に取り組むNPO法人町なみ屋なみ研究所が進める、ボランティアによる古民家保存の取り組みです。
    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所  TOP  >  2014年09月

    第211回丹波篠山古民家再生プロジェクト~町家での解体作業0920

    シルバーウィーク後半初日、再生準備中の古民家、町家でのボランティア作業。
    いい天気に恵まれ、丹波篠山の城下は結構な賑わいのようでした。

    ボランティアの皆様も其々連休には予定もあろうかと・・・心配をよそに
    常連さん達駆け付けてくれました。
    新人さんの紹介もして、理事長の開始前の挨拶もそこそこで、岡田工務店社長の
    本日の作業工程の説明etc・・・

    P9200022.jpg 


    解体作業(造作部位)が始まりました。旧トイレ周りの間仕切り壁の撤去、腰のタイル剥がし・・・
    分別処分の為、タイルと壁土は別々に土嚢袋へ入れます。
    ハンドブレーカーでタイル剥がし・・・これがまた大変!トイレのタイル、厨房流しのタイルなど
    ホント!!硬くて剥がれない。 しかし、ボランティアの皆様一生懸命に剥がしてくれました。
    部位〃で上手くコンビを組み作業が捗っていきます。

    大学生、院生・・・ 建築士、こんなハードな現場仕事、中々体験もできる機会は少ないと思います。
    本日の強力な戦力です。 常連さん、新人さん・・・ ホント今日の作業大変だったと思います。感謝感謝です!

    P9200006a.jpg P9200008a.jpg


    大型ブレーカーを使ってコンクリートのはつり作業。先ずプロが手本を示します。
    機械本体だけでも、体感ですが20㎏近くある重さ! 女性ボランティアさん体験中です。

    P9200009a.jpg P9200011a.jpg
    P9200013a.jpg P9200014a.jpg



    出窓の解体中、しっかりとした部材で大工さんが造った物で解体も手強い!
    大工大・建築を勉強中のO君、プロの大工さんの指導を受けながら解体作業を進めています。
    座学では学べない良い体験となることでしょう。

    P9200015a.jpg P9200016a.jpg
    2階では常連のTさん、ワークショップの時に表に立てる看板を作成中・・・ 古い厚めの板を活用し、アイデアを出してくれています。今日のお披露目は叶いませんでしたが・・・乞うご期待!!



    P9200021a.jpg P9200025.jpg
    P9200023a.jpg P9200024.jpg

    不要な間仕切り壁を撤去、土壁塗りの間仕切り・・・ 土は再利用のため大切に袋詰めしています。
    竹下地は木材と一緒に処分場へ。  モヤっているのは土ぼこり!
    トイレのタイルも殆んど剥がれました。 新人のMさん・・・ 一日この隅っこで頑張ってくれました。
    院生のSさんと初対面にもかかわらず、いいコンビで・・・ホコリまみれ!!

    ホントに今日は皆さんご苦労様でした、古民家の再生とは・・・ こんな縁の下の支えがあって
    進んでいく事を体験して頂けたと思います。 自分の家ではなくても、少し関わった事で、完成後もフト気になる存在となっていくことと思います。


    次回の予定

    10月4日(土) 10:00~16:00

    場所 次回は移動する可能性があります。 詳しくは後日お知らせ致します。

    よろしくお願いします。

    案内窓口酒井吉一

    プロフィール

    Projectスタッフ

    Author:Projectスタッフ
    Npo町なみ屋なみ研究所へようこそ!

      ワ-クショップ
     毎月第1・第3土曜日活動

    [ボランティア]参加受付

    下欄 受付専用窓口からどうぞ。




    【町屋研へのお問合せ】

    NPO町屋研・事務局
    理事長「酒井宏一」

    Tel (090-8578-7039)
    email:vel04225k.s@nifty.com

    参加受付専用窓口