google-site-verification: google7592f37768a5dfb2.html 2014年06月14日|『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 

    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 

    古民家再生ボランティアW・Sに参加しませんか? 伝統的な町並の保全に取り組むNPO法人町なみ屋なみ研究所が進める、ボランティアによる古民家保存の取り組みです。
    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所  TOP  >  2014年06月14日

    第205回丹波篠山古民家再生プロジェクト~川端家住宅~土塀荒壁塗り0608

    一週間遅れのUPとなりました。
    6月の第一回目の工程は、スタッフがひょうごヘリテージマネージャー大会(朝来市竹田)に参加するため変則的に第一日曜日の8日に変更しました。 ボランティアさんも日曜日開催はご都合も有るようで参加者は少な目でした。
    その分、参加された方はタップリと暑い中作業に精を出して頂きました。


    P6081287a.jpg P6081291a.jpg
    P6081288a.jpg P6081289a.jpg
    今日の講師もいつもの南左官さんです、息子さんも参加・指導してくれました。
    前回手打ちで塗付けた部分もよく乾燥しています。
    塗り厚が薄いのでコテ塗りとなります。鏝板に土を載せるが・・・結構重い! 手首にグッと来る!!


    P6081293a.jpg P6081294a.jpg
    新しくなった部位は裏返しを塗り・・・ 既存部位で荒壁が剥落している部分を増し塗りして補修・・・
    荒付けの準備となっていきます。



    P6081296a.jpg P6081297a.jpg
    南左官さんが荒付け・・・大直し・・・ へと塗り込んでいます。
    手捌きを見ているとコテに沢山の壁土を載せ・・・ 一気に塗り延ばしていく様を見とれていました。
    真似事で朝から数時間程度の荒付けで・・・手首が痛くなってしまって!ダメですね~

    P6081300a.jpg P6081299a.jpg
    土塀は長いですので、まだまだ塗り終えることが出来ません。荒付け、大直しへと工程がずっと続きます。
    中塗り以降の工程は、ボランティア作業では無理です。本職の匠の技が必要不可欠となり出来栄えを見学することとします。


    次回以降、屋根瓦の敷き並べ作業となります。平流れ部位の割付、敷き並べ作業として、棟熨斗積み工程は本職で施工します。市指定文化財の土塀ですので、最終の仕上がりの品質が問われます。


    次回の予定

    日時 : 6月21日(土) 10:00~16:00

    場所 : 河原町 川端家住宅 土塀修理現場

    作業 : 土塀の屋根瓦敷き並べ工程(割付、敷き並べ等)


    参加希望の方は案内窓口酒井吉一まで申込下さい。

    プロフィール

    Projectスタッフ

    Author:Projectスタッフ
    Npo町なみ屋なみ研究所へようこそ!

      ワ-クショップ
     毎月第1・第3土曜日活動

    [ボランティア]参加受付

    下欄 受付専用窓口からどうぞ。




    【町屋研へのお問合せ】

    NPO町屋研・事務局
    理事長「酒井宏一」

    Tel (090-8578-7039)
    email:vel04225k.s@nifty.com

    参加受付専用窓口