google-site-verification: google7592f37768a5dfb2.html 2012年05月22日|『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 

    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 

    古民家再生ボランティアW・Sに参加しませんか? 伝統的な町並の保全に取り組むNPO法人町なみ屋なみ研究所が進める、ボランティアによる古民家保存の取り組みです。
    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所  TOP  >  2012年05月22日

    第156回丹波古民家再生PJ~福住藤井邸~屋根工事

    今回はスタッフ酒井吉が欠席でオーナー藤井さんに情報提供いただき書込んでいます。殆ど写真だけを頼りにイメージを浮かべながら… 勘違いがあるやも。その節はご容赦願います。今日の作業予定は屋根工事の予定で、高所作業となります。幸いにも若いボランティアさんたちが多く、力仕事が捗りそうです。スタッフ共で16名の参加がありました。


       P5190010 (400x299)
    作業開始前のミニ講座また今日の作業についての説明、注意事項等とスタッフ側からの話があります。今日の講師の木戸瓦店の木戸さんから屋根瓦葺きについてのレクチャー…


       P5190037 (400x300)
    葺き上げる瓦は前回の折、現場へ荷降ろし搬入を済ませていましたので、防水紙関係が完了次第瓦揚げ作業です。天候もよく暑く少しきついかな!最初のスターター・・・軒先瓦の敷き並べ、先ずは瓦の割付が先工程ですね。



       P5190069 (400x300)
    今日も藤井さんのご好意でご馳走になりました。麻婆豆腐、シュウマイ、キャベツの塩麹合え・・・良い汗をかいた後の空腹時に食べるご飯は美味しいですねぇ!皆が同じものを分け合って食べる・・・連帯感が生まれてくるような感じがします。


       P5190078 (400x300)

    お昼の後、木戸さんの瓦談義でしょうね、天窓の明り取り用のガラス瓦を手にレクチャー・・・ 黒瓦と同サイズの規格で納まりもよく、雨漏りがし難い利点がある。それにローコストで納められるのが魅力です。


       P5190096 (400x281)
    主家裏の畑、田の草刈、などもやって貰えて藤井さんおお助かりです!感謝感謝!


       P5190117 (400x300)
    最後の締め・・・才本副理事長から今日の成果、ポイントなどのレクチャー、また次回以降の作業予定など情報提供・案内です。高所作業で何ら事故もなく無事に終了です。


    次回以降の予定・案内

    次回 6月9日(第二土曜)  次々回 6月16日(第三土曜)

    場所 福住藤井邸

    作業予定 別途後日案内します。

    参加希望の方は窓口 酒井まで。



    下記のチラシ案内はひょうごヘリテージ機構が毎年、発足以来数えて10回目のヘリテージ大会を開催しています。今年はたつの市を舞台にヘリテージマネージャー(歴史文化遺産活用推進員)が集います。
    当町屋研でも、才本副理事長と窓口酒井がHMとして参加します。従い活動日をずらしています。
    たつの市も城下町で、古い町並みも残っており伝建地区に指定を受けるべく運動が進められています。町屋研のプロジェクトと同じような活動が現在進められています。

           HM大会チラシ
         大きな画像で見ることができます。(クリックしてください)






    プロフィール

    Projectスタッフ

    Author:Projectスタッフ
    Npo町なみ屋なみ研究所へようこそ!

      ワ-クショップ
     毎月第1・第3土曜日活動

    [ボランティア]参加受付

    下欄 受付専用窓口からどうぞ。




    【町屋研へのお問合せ】

    NPO町屋研・事務局

    「酒井宏一」

    Tel (090-8578-7039)
    email:vel04225k.s@nifty.com

    参加受付専用窓口