google-site-verification: google7592f37768a5dfb2.html |『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 
FC2ブログ

    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 

    古民家再生ボランティアW・Sに参加しませんか? 伝統的な町並の保全に取り組むNPO法人町なみ屋なみ研究所が進める、ボランティアによる古民家保存の取り組みです。
    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所  TOP  > 

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    20181103第303回丹波篠山古民家再生プロジェクト~伝建地区内・茅葺き民家の再生②

    秋の連休… 行楽客で丹波篠山は盛況です。
    城下町でもイベントがあり、交通渋滞も… 明日4日は恒例の兵庫県高校駅伝県予選大会が篠山路を舞台に開催される。

    この【カタブキ】プロジェクト~ボランティア・ワークショップの2回目です。

    再生に向けた準備作業が中心となる初期のプロジェクト・ワークショップ… 何が残されているか、ゴミも含め生活用品なども出てきますが、これは!と思えるような物も偶に…
    こんなお宝探しもワークショップの楽しみの一つです。 参加者は古く汚れて使われなくなった物でも興味津々!古民家のアイテムとして活かすため… 収集をしている人もあります。

    PB034491a.jpg PB034485a.jpg
    PB034487a.jpg PB034486a.jpg

    外壁の波板トタンが…くの字型になっています。 これは建物の柱脚部等周辺部位が腐朽劣化!シロアリ被害もあり相当の量沈み込んでいしまい、外壁が突っ張っている状態です。

    PB034472a.jpg PB034475a.jpg


    下屋の崩れかかっている瓦を撤去するため、仮設足場を組みます。
    ワークショップではこのような仮設工事の進め方も安全に効率よく進めるための準備作業で、必要な工程であることなどノウハウを伝授します。
    もちろん、一時撤去した古瓦は再使用すべく丁寧に分別して保管します。
    外壁のくの字に曲がった波板トタンも、他の再生現場で内装材として活かすことを考えています。
    屋根土はこれも再度屋根土として生き長らえていきます。
    このように、古材とて活かし違った息吹を吹き込めばまた… 蘇る。 現場では多くの物が生かされるのを待っています。

    PB034489a.jpg PB034490a.jpg

    これもヒノキの風呂桶です。バンドが切れてバラけていますが… よく見ると小幅板を繋ぎ合わせる匠の技術が見えます。
    未だ誰しもこの桶をゴミとして処分するため解体をしようとする人はありません。どうしたものか…?
    風呂桶以外の再利用に… 其内ヒラメキが??

    PB034493a.jpg

    参加者の方々、滋賀県より2人、神戸市、豊中、三田などなど市外の方々ばかりですが、常連さんです。
    ご苦労様でした。

    次回の予定

    11月17日(土) 10:00~16:00
    篠山城下町・西町の西町ブリキ玩具製作所~ワークショップ
    ワークショップ後、WS開催 300回記念を振返り慰労会を開催します。
    ボランティア参加者どなたでも参加して下さい。
    軽い飲食(地ビール等)準備、2000円~3000円の会費制

    参加希望の方は 町屋研ボランティア部会 酒井(吉)まで申込下さい。


    スポンサーサイト

    20181020第302回丹波篠山古民家再生プロジェクト~伝建地区内・茅葺き民家の再生①

    10月20日第三土曜日より新たなプロジェクトが動き出します。
    福住重要伝統的建造物群保存地区、旧西京街道沿いの空き家になっていた茅葺き民家を再生利活用しようとするプロジェクトです。
    今月より来年6月頃まで再生工事が始まります。この間毎月2回のペースで(従来どおり)ボランティア作業をワークショップ形式で開催、再生技術の実践体験など出来ます。またDIYノウハウなどもプロからレクチャーを受けられます。

    【画像は全て拡大できます】

    カタブキワークショップ・フライヤー (JPG)001 『カタブキ』プロジェクト案内MAPa




    P6102581aaa.jpg P6102596a.jpg

    建物の建築年代は不明ですが…かなり古い建築様式も見られ、古くは明治~江戸後期辺りまで遡るかもしれません。
    街道沿いには同様の古い年代の民家、土蔵などが沢山残され今に生かされ、住み継がれて来ています。

    PA204176a.jpg PA204147a.jpg

    最初に集合写真(早退された方写せなくて…) さあ、始まります。片付け並びに小解体作業からです。
    施工工務店岡田さんより段取りと、注意事項などレクチャー…。

    作業に入るまでの内部の状況を少し紹介します。
    P6102593a.jpg P6102583a.jpg
    P6102589a.jpg P6102586a.jpg
    P6102587a.jpg P6102588a.jpg

    このような状況から… 台風20号の強風を受けて、少し土壁の崩落、建物の傾斜が大きくなっています。

    PA204150a.jpg PA204154a.jpg
    PA204165a.jpg PA204166a.jpg
    PA204168a.jpg PA204172a.jpg

    ボランティアの得意とする片付け…、解体作業と順調よく進みます。
    常連さんが多いので要領も良く、手際よく片付けてくれてます。残さた家財やタンスの中身…、また食器類で古いお皿など出てきます。一応廃棄処分するものが殆どですが、再利用できるもの(古民家のアイテムとして…)はボランティアさん達が持ち帰ります。廃棄処分の量を減らすことへの協力もあります。

    PA204173a.jpg PA204175a.jpg

    未だ小屋裏にも… 長持ち3本、漆器類、お膳など… 次回の作業で荷降ろしです。
    PA204164a.jpg PA204160a.jpg


    PA204169a.jpg PA204178a.jpg

    座敷廻りの床組解体撤去後… 全面に白アり被害が広がっています。
    近年の床組の修理痕もありましたが…すべてスポンジ状態でした。
    土間に後世作られた板の間、囲炉裏の窯跡… 土間座敷の境には建具の建込みのない古い様式。
    冬は厳しいものだったでしょうね。 お風呂はこの桶でした。便所はどこに?

    PA204157a.jpg

    経年劣化に伴い傾斜は存在していたものの、例の台風被害で更に傾斜角度が大きなった。
    簡易に計測… 約50/1000の傾きである。 されどこの手の建物は柔軟性に富み復原は比較的簡単であり、この工程も体験できることになるでしょう。乞うご期待を!

    どの程度直す(修理の仕上げグレード)かによるが、構造的には修理方針等は大きく変動しない、させないことで一定の安全性を確保できます。 外観は伝建地区内の制限を受けるため創建当時の姿に、またそれに近いものに修景されることになる。
    内部造作は利便性を考慮し、ボランティアの手でも仕上げていきます。(プロ指導の基)


    次回の予定
    日時 : 11月3日(土・祝) 10:00~16:00
    場所 : 篠山市西野々105 茅葺き民家
    内容 : ガイダンス、解体撤去、片付け、お宝探し

    参加希望の方は 町なみ研究所 ボランティア事業部会 担当(代)酒井 (吉)まで申込み下さい。



    次回のボランティア作業開催予定

    10月の開催予定です。

    日時 : 10月20日(土) 10:00~16:00

    場所 : 篠山市西野々(福住地区)

    内容 : 茅葺の民家の再生プロジェクト

    下記Webサイト御覧下さい。
    ↓↓↓
    https://readyfor.jp/projects/fukusumi

    参加希望の方はボランティア担当窓口 酒井まで

    20180901第300回 丹波篠山古民家再生プロジェクト~茅葺き民家⑩

    9月の第一土曜日、1ヶ月ぶりのワークショップです。
    8月は繁忙期やらでの延期、台風20号の襲来を控えての中止など皆様にはご迷惑をおかけいたしました。

    でもまた21号がうかがっている状況ですが、多くの皆さまの参加を頂きありがとうございました。



    今回も関学の新しい参加者、何年ぶりかの参加またご都合で少し遠方へ引っ越しで最後の参加となる方など… 常連さんを混じえいつもの和みが…。

    P9013694a.jpg P9013695a.jpg

    丁度、町屋研のプロジェクトが始まって十数年が経ち今回で延第300回目のワークショップ開催日となりました。これもひとえにボランティアの皆様方がご参加頂いて来たからこその賜物と感謝しております。

    今日の予定は、この茅葺き民家を農家レストランとして利活用希望のお施主様を中心に、DIYでの再生チャレンジを開始して延10回目のワークショップとなりますが、躯体構造の不同沈下の調整を数回に渡り進めています。午前中の予定で躯体構造の補強など完結し、午後から古民家での曳家工事の揚屋工程現場へ案内する予定です。

    上記の事を踏まえながら、今日のミニ講座は【曳家って何?】の話をさせて頂きました。午後からの揚屋現場での予備知識の提供でした。


    台風21号の対応をして現場移動します。

    P9013697a.jpg P9013699a.jpg
    P9013701a.jpg

    伝建地区内の修理現場ですが、約50坪の古民家が揚屋工程で70㎝程浮いています。
    このような工事現場はどこにでも見ることができるものではありません。今回タイミングよくワークショップ開催日と重なり、DIYでのジャキアップとの違いを見て頂き、曳家工事の専門性など知識を吸収して頂けたと思います。

    このような専門性の高い技術を持った職人さんは… 現在では残念ながら篠山にはいらっしゃいません。このような技術を必要とする現場、建物等は丹波篠山ではこれからも増え続けるでしょう。
    技術の伝承が不可欠ですが…

    P9013702a.jpg P9053709a.jpg


    ボランティアの皆様には、この茅葺の民家・延10回のワークショップで色々とおせわになりました。次回の開催で一応の一切り、区切りとさせて頂く予定です。また次の現場にてワークショップを開き、続けて行きますが、この現場へはまた続編・造作段階で開催することも検討していきますので宜しくお願いします。

    次回予定
    日時 : 9月15日(土) 10:00~16:00

    場所 : 南矢代の茅葺の民家

    内容 : 構造補強その他

    参加希望の方は町屋研ボランティア事業部会 酒井迄

    20180901第300回 丹波篠山古民家再生プロジェクト~茅葺き民家⑩予定

    丹波篠山古民家再生プロジェクト・ボランティア

    次回 ワークショップ開催予定

    日時 : 9月1日(土) 10:00~16:00

    場所 : 南矢代 茅葺の民家

    内容 : 構造躯体の不同沈下調整等
          別件:曳家工事の現場見学も計画中です。(当日午後からでも時間的な余裕が有れば)

    参加希望の方は、町屋研ボランティア担当窓口 酒井(吉)迄申込んで下さい。

    プロフィール

    Projectスタッフ

    Author:Projectスタッフ
    Npo町なみ屋なみ研究所へようこそ!

      ワ-クショップ
     毎月第1・第3土曜日活動

    [ボランティア]参加受付

    下欄 受付専用窓口からどうぞ。




    【町屋研へのお問合せ】

    NPO町屋研・事務局
    理事長「今村俊明」

    Tel&Fax(079)552-6140
    email:tamba@green.ocn.ne.jp

    ブログ内写真は全て拡大出来ます(クリックして下さい)

    参加受付専用窓口
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。