google-site-verification: google7592f37768a5dfb2.html |『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 
FC2ブログ

    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所 

    古民家再生ボランティアW・Sに参加しませんか? 伝統的な町並の保全に取り組むNPO法人町なみ屋なみ研究所が進める、ボランティアによる古民家保存の取り組みです。
    『NPO町屋研』 丹波篠山古民家再生プロジェクト~Npo法人 町なみ屋なみ研究所  TOP  > 

    20180721第298回 丹波篠山古民家再生プロジェクト~茅葺き民家⑧

    7月は第3週目の土曜だけのボランティア・ワークショップ開催となりました。
    前回6月の開催以降、大阪北地震やら大雨による影響で第一週土曜日を中止しました関係で一ヶ月ぶりの開催です。…が  今度は命に関わる程の猛暑日の連続で、参加者がどれだけあるかも予測不能でした。

    されど、スタッフ共で12名の参加、暑い中でも賑やかなワークショップとなりました。
    関学の学生連、滋賀から駆けつけてくれた陶芸家のYさん、常連さん、オーナーさんなどなど…。

    P7213215.jpg P7213202a.jpg

    ワークショップ開始頃にはすでに30度は超えている状況で作業の開始です。

    P7213191.jpg P7213195.jpg
    P6182651a.jpg P7213196.jpg

    学生たちは屋外の外壁に張られているプリント鉄板の撤去作業から始めます。皆さんは国際協力としての海外ボランティアとして実践も重ねて来ているのでこのような作業も何のその軽く熟していきます。

    男性陣中心で、建屋の不同沈下調整作業を今回も進めていただきます。6月にジャッキアップした状態のものを完了したことで支柱の取り外し、次の位置の大黒柱の盛替えを行います。


    P7213197a.jpg P7213198a.jpg

    2本めの大黒柱、支柱を架ける差鴨居が差してない部位でのジャッキアップをどうするか… DIYでできる方法は…?
    そこで上り框がほぞ差しで組まれているので、框の下へジャッキをセットアップしています。空間が狭いので苦労しています。
    既存の礎石にダメージを与えない距離を置きセット。少し揚げ荷重を架けると地盤が圧密で沈む、再度盤木など組み盛り変えて進めた。やはり2点での加力ではしんどい! それじゃって事で上部構造組の大梁へ直接支柱を架ける事に。

    同じ軸通りの小黒も同時に盛り掛け、1点で…重い! これも上部構造組の梁へと架ける作業。
    DIYとしては難しいメニューとなりますが、道具と経験者が居れば何とかなるかも知れません。ワークショップではたかだか私の経験(建築士でヘリテージマネージャー)で心許ないものですが、ノウハウを伝授しています。

    このような内容のものは…DIYとして可能なギリギリのところかなと思います。
    DIY中心での再生ワークショップを開始して⑧回を熟しましたが…マダマダ専門的で高度な技術の必要な場面が待っています。さてさてこれからどう進めるか思案が続きます。

    P7213213a.jpg P7213210.jpg

    ジャッキアップで大黒柱1本、小黒も同時に約40ミリ揚がり略平均化して来たところで、玉石礎石の隙間へ前回同様に無収縮モルタルを注入します。礎石はイジらず圧密で固まっているので浮いた分をグラウト材で埋めるということになります。
    乾燥による収縮もなく強度も高いので、柱が負担している上部荷重も支えてくれます。


    P7213201.jpg P7213200.jpg

    皆さんいい汗をかいた後の(屋内でも34度はある)??… お昼ご飯タイム。皆さん談笑しながらの楽しい時間です。


    P7213199.jpg P7213208a.jpg
    P7213211.jpg P7213212.jpg

    学生の女性陣で外壁のプリント鉄板剥がしも順調に進んでいます。長いものはハサミで裁断し後の整理しやすいサイズへと丁寧に作業を進めてくれています。
    次には物入れ(味噌部屋として使用)の荒壁が剥落している為、浮いている荒壁土を掻き落とし、その古い壁土を水湿し、練り再度塗り上げていきます。
    コテ塗りでなく、団子状にして手で押し付け広げて塗り上げます。人数が多いのでコテで塗るのも時間がかかるので…どうするかと思案しながら、私が船で練った壁土を手で鷲掴みして団子状にして下地へ押し付け広げる様を実践して見せてみたが… 学生の反応を見ていたがいとも躊躇せずきれいな手で、素手での壁土の掬い上げ、下地へと手で押え広げていた様には感動した。

    P7213206a.jpg P7213209a.jpg

    常連さんで自らも茅葺きの一棟貸しの旅籠を経営されているMさん、この日はこのワークショップ現場へ不要となったカマドを提供していただくとのことで軽トラで搬入、されど積込みの際バランスが悪く個体がブキッ!と嫌な音が発したそうで…個体の構造は軽量モルタルを付き固めた上にタイルが貼られていますが、大きくひび割れてしまいました。せっかくのご厚意がこのようなことになってしまいましたが、剥がれたタイルはこの民家に設置してあるカマドに貼ってあるものと同じものですので、メンテナンス用にタイルは頂きました。

    最後に、やはりこの酷暑!猛暑日にはこのような作業を進めるには相当の注意が必要なのが分かりました。不覚にも私自身が暑さのためでしょう…足にケイレン!足がつる状態が発生、熱中症の前触れか?皆さんにご心配かけました。

    屋内と言えども要注意! マダマダ続くでしょうこの暑さ。ワークショップもまず屋外作業等は厳しい事を覚悟して掛からねばと痛感した一日でした。

    皆様、本当に暑いさ厳しい中での作業、ご苦労様でした。


    次回の予定

    日時 : 8月4日(土) 10:00~16:00   8月18日(土)

    場所 : できるだけ暑さしのぎのできる屋内で予定。(現場所での継続を検討します)

    内容 : 後ほどお知らせいたします。

    宜しくおねがいします。


    参加希望の方はNPO法人町なみ屋なみ研究所 ボランティア担当窓口 酒井吉一迄申込下さい。

    sakai.arc@gaia.eonet.ne.jp 079-506-3552






    20180721第298回 丹波篠山古民家再生プロジェクト~茅葺き民家⑧ご案内

    丹波篠山古民家再生プロジェクト・ボランティア

    7月21日(土) 10:00~16:00

    予定通り開催します。

    よろしくお願い致します。

    NPO法人 町なみ屋なみ研究所

    20180618 大阪北部地震~ワークショップ現場の確認<速報>

    18日月曜日、朝の地震の揺れは… 阪神淡路大震災の揺れ以来。

    体感的には震度4位は有ったのではと思える揺れでした。

    先週末土曜日の南矢代の茅葺き民家では、ジャッキアップをしている状況での

    今朝の揺れ! 内心この程度ではジャッキは吹っ飛ばないだろうと思いつつ…

    いささか気になり、現地確認してきました。

    全然問題なくきっちりとセットされたまでした。部分的なものですので

    外れても全く影響はありません。

    取り急ぎ、ボランティアの皆様方の不安な思いに応えるためのご報告です。


    P6182656a.jpg P6182654a.jpg

    よかった。

    20180616第297回 丹波篠山古民家再生プロジェクト~茅葺き民家⑦

    またもや週遅れでの書込みです。
    今この時点では先日の18日朝に発生した大阪北部地震を経験済みですが
    ワークショップ時点では予想もしなかったことでした。

    スタッフ共で10名の参加、今日からの工程は部分的な沈み込みのジャッキアップ作業へと進んでいます。

    P6162650a.jpg P6182651a.jpg

    DIYでの沈下調整レベルの作業ですので、曳家工事などの専門的な工事とはなりません。あくまでもDIYで可能な範囲での実践を体験してもらっています。道具が有ればセルフビルドでも可能な内容です。
    大黒柱が2本ありますが、その1本を基準に高さを調整していく計画ですが… 大黒柱部位が下がって低く他の柱部位が皆高い。
    そこで基準柱の大黒柱を少しジャッキアップして誤差を少なくします。果たしてどれだけ浮いてくれるか?ジャッキアップ初チャレンジです。

    P6162635a.jpg P6162636a.jpg

    2点掛けで準備が始まりますが… 差鴨居がL形2方向差してあるのでそれを盛って行きます。
    中戸差鴨居へ1本盛ります。ジャキの据え方も簡単でなくスッキリと据え付けるまで何度かの盛替えをしながらも加力して行きます。皆さん初体験の方が殆どですが、作業としてはリスクが伴うもので真剣です。


    P6162642a.jpg P6162639a.jpg

    ジャッキアップで6㎜程度浮きました。もう少し浮かしたいけれど… 干渉する土壁などのチリ部分が浮き出して剥落しそうになりかけましたのであまり無理しないで調整をすることしました。
    礎石はいじらず、長年の圧力に耐えたものですので礎石のまわりの地盤も絞まっていますのでこのまま。
    大きな礎石の上に立つ大黒柱の隙間を詰めるため、グラウト材(無収縮モルタル)を充填します。


    P6162643a.jpg P6162644a.jpg
    P6162648a.jpg P6182651a.jpg

    無収縮モルタルの練り方も機械的な物での練り方となります。必要量がどれくらいなのか判断も難しく…何度かに分けて練り、流し込みます。柱脚部は埋め込みません、礎石と柱底面の隙間を埋める高さまで流し込みます。これで材齢3日で約400KG/m㎡まで強度が出ます。
    この要領で他の柱部位も施工していきます。あくまでもDIYで可能な範囲で…・皆さんセルフでやりたい方が殆どです。

    このワークショップ開催日の2日後にあの地震が発生した訳です。全体の造作解体が進んできている段階での経験でした。

    次回予定

    日時 : 7月7日(土) 10:00~16:00

    場所 : 南矢代の茅葺き民家

    内容 : ジャッキアップ、高さ調整補強体験などなど。

    参加希望の方は町家研ボランティア担当窓口 酒井吉一まで申込下さい。



    20180602第296回 丹波篠山古民家再生プロジェクト~茅葺き民家⑥

    6月2日 梅雨入りも間近い6月の第一土曜日のワークショップです。
    お馴染みの常連さん、今日は堺市からの初参加のボランティアさん含めて11名。

    P6022562a.jpg



    P6022550a.jpg P6022552a.jpg
    P6022549a.jpg P6022553a.jpg

    片付け作業もまだまだ沢山残っていますが、主となる主屋の活用スペースを多様性を持たした農家レストランの類に転用していく為今回から建築工事に工程を進めます。
    今回は専門的になりますが、建物の状況をより詳細に把握する必要があるため、機械的に建物の不同沈下及び傾斜状況を確認し記録を残す作業を体験して頂きました。
    私達専門家が現地調査を行う時のツールなど…現物を見てもらい調査の進め方などなど…ミニ講座を開きました。

    早速実践してもらいます。レーザー墨出し器の使い方なども説明、基点となるポイントには目印のテープを張り付けていきます。以前にも経験しているボランティア、またこの現場へは同業の建築士さんもボランティアとして参加してもらっていますので作業の進む過程での手助けが大いに役立っています。

    100年を超える茅葺き民家ですので、床下柱脚まわりが湿気による腐朽劣化が存在し、現場手直しが場当たり的に施されて来ています。水平方向の沈み込みもかなりあり、全てを完全に調整することが望ましいですが、DIY主体とする再生工事において、技術的な問題、コストの問題、時間的な制限、及び活用の形態により許容出来得る範囲を定め、再生計画の調整を図ります。


    P6022554a.jpg P6022557a.jpg
    P6022556a.jpg P6022560a.jpg


    目視だけで素人目にも明らかに建物が傾斜し、建具の建付けに不具合が生じていたことは理解できます。南方向よりの台風の風による傾斜が発生しています。小屋裏の扠首組も全て南面よりの強風で傾斜しています。
    それぞれの柱の傾斜度を確認するため、シンプルで分かりやすい下げ振りを使用… 桁行、妻行き方向の計測をしています。
    傾斜度を数字化して分かりやすく記録しています。主となる大黒柱も… 28/1000ほど北側へ傾斜していました。

    古民家はこの様に沈下及び傾斜状況が存在することが当然としてあることを少し理解して頂けたかと思います。

    終了間際に、柱の根継ぎ作業等の実践、体験を少しだけ進めかけて…次回へと持ち越しとします。


    次回予定
    6月16日(土) 10:00~16:00
    場所はここ、南矢代の茅葺き民家
    内容は構造補強等の実践体験など。
    メニューは当日変更する場合がありますことご承知下さい。

    参加希望の方は町家研ボランティア担当窓口 酒井吉一まで申込下さい。


    プロフィール

    Projectスタッフ

    Author:Projectスタッフ
    Npo町なみ屋なみ研究所へようこそ!

      ワ-クショップ
     毎月第1・第3土曜日活動

    [ボランティア]参加受付

    下欄 受付専用窓口からどうぞ。




    【町屋研へのお問合せ】

    NPO町屋研・事務局
    理事長「酒井宏一」

    Tel (090-8578-7039)
    email:vel04225k.s@nifty.com


    ブログ内写真は全て拡大出来ます(クリックして下さい)

    参加受付専用窓口